BLOG&COLUMNブログ&コラム
BLOG

運送業界で起こるトラブルについて

2020/08/17
運送業界にとって避けては通れない、荷物の運送トラブル。対処法を知ることでクレームを防ぐことができます。
今回は、運送業界でよくあるトラブルについて紹介していきます。

▼運送業界ではどんなトラブルがある?
いくら丁寧に荷物を扱っていたとしても、トラブルが起こることはあります。
まずは運送業界でよくあるトラブルを見ていきましょう。
■商品の破損
配送時のトラブルとして一番起こりやすいのが商品の破損です。
運送中になんらかの影響を受け、箱がへこんでしまったり、最悪の場合中身の商品が破損してることがあります。
■誤送
荷主の届け先ではなく、別な場所に商品を配送してしまうことをいいます。
誤送の多くは、ドライバーの住所の読み間違いによって起こってしまいます。
■商品が遅れる
配送を指定した時間に荷物が届かないといったトラブルもあります。
運送会社の仕分けのミスで起こってしまう事が多いです。
■商品が届かない
商品が届かない、紛失してしまった、というケースもあります。
運送会社内で紛失した場合は、荷物が見つかるまでに時間がかかるので、大きなクレームになりかねません。

▼トラブルが起きないようにするために
トラブルを未然に防ぐためは、配送の手順やマニュアルを見直すことが大事です。
荷物を扱うときの手順に問題はないか、安全であるかといったことを考えれば、トラブル防止に繋がります。
また、トラブルが起きた時に口頭だけで解決するのではなく書面やメールの内容などをしっかり確認し、
どちらの問題があったのか、どこが問題だったのかを明確にすることで、クレーム防止にもなり、今後に活かすことも出来ます。

今回運送業界で起こるトラブルについて紹介しました。
運送では様々なトラブルが考えられますが、配送を見直してトラブルを防げるよう努めていきましょう。