BLOG&COLUMNブログ&コラム
BLOG

軽貨物運送業の仕事内容とは

2020/10/22

配送業にも様々な種類の配送形態があります。その中でも軽貨物運送業は個人事業主として仕事をすることができます。
軽貨物運送業は軽自動車を使って運送会社から指示があり、委託された荷物を配送する仕事です。
軽自動車を貨物車両として使用することから軽貨物運送業と言います。
軽貨物との名称ですが、運送会社から委託された荷物を配送するするので荷物も大きさは様々です。
▼軽貨物運送業の仕事の種類
①宅配代行
②委託配送
運送会社により依頼、委託された荷物を配送する
③定期便
④ルート便
決められた場所、決められた時間に定期的に荷物を配送する
⑤スポット便
突発的にくる依頼の荷物を配送する
⑥チャーター便
荷物を依頼した人の専属の配送業務を行う
⑦引っ越し便
荷物の少ない引越しの配送を手伝う
軽貨物運送業は様々な種類があります。運送会社の雇われとして軽貨物で配送を行う場合もありますが、個人事業主として開業することもできます。
▼軽貨物運送の開業に必要なこと
・軽自動車検査協会で黒ナンバーを交付する
・軽貨物運送業の自動車任意保険に入る
また開業後は委託配送業務になるので軽貨物にかかる諸経費等も考えておく必要があります。
配送にあたってのスケジュール管理や車両の管理も必要です。
軽貨物運送業の仕事内容のメリットは、労働時間や勤務日数を自分で決めれられることです。自分の働きたい分稼ぐことができます。もちろん委託になるので仲介手数料や委託手数料等引かれるものもありますが、その分稼ぐことができます。
自分のライフスタイルに合わせて配送スケジュールを組めることもメリットの1つになっています。
等引かれるものもありますが、