BLOG&COLUMNブログ&コラム
BLOG

中距離ドライバーは日帰りできる

2020/11/01
中距離ドライバーは基本的に日帰りできる仕事です。
トラックのドライバーは運転中1人なので人間関係などに悩まされることも少ないですし、
人付き合いが苦手て気疲れせず仕事をこなすことができます。
中距離ドライバーを目指す方のために中距離ドライバーについてご紹介します。

▼中距離ドライバーとは
中距離ドライバーは基本的に日帰りできる距離を運転します。
会社によっても異なりますが、決まったルート・異なるルートを運送し荷物を運ぶ仕事です。
長距離ドライバーと比べると運転する距離は短いですが、中距離の場合でも長時間運転することもあります。
運送先で荷物の積み下ろしも行いますし、長時間運転するので体力が必要です。

▼中距離ドライバーの仕事
運ぶ荷物や会社によって勤務形態が異なります。
野菜や鮮魚、家電用品、日用品、医療器具から農薬などの人が暮らすためのあらゆるものを運搬します。
勤務中は積込、運転、荷下ろしの作業を何回も繰り返すこともあります。
勤務時間もさまざまで契約しているクライアントの納期によって昼間なのか夜間なのかなど変わってきます。

▼日帰りが可能なので人気
中距離ドライバーは基本的に日帰りできるということから人気があります。
メリットは日帰りすることができるので家族との時間を大切にしたいという方や女性ドライバーも増えています。
帰ってこれる距離なので残業や休日出勤などがないので精神的に楽なことから中距離ドライバーは人気があります。

中距離ドライバーは会社によっても勤務内容や時間帯は変わって来ますが、日帰りできることからも人気のある職種です。
運送業ではトラック運転手の人手不足に悩まされているので、ドライバー未経験でも雇用してくれる会社は多くあります。