BLOG&COLUMNブログ&コラム
BLOG

軽貨物業で失敗しないためには

2020/11/22
これから軽貨物ドライバーの独立を考えている人もいるかと思います。
そこで今回は、軽貨物ドライバーとして独立開業するうえで失敗しないために気を付けることを解説します。
▼軽貨物業で独立するうえで気を付けること
軽貨物業で独立するうえで気を付けることは、以下の4つがあります。
■開業手続きはあらかじめ事前に確認しておく
開業手続きをスムーズに進めるために、事前に必要書類の記入方法や準備すべき設備など、あらかじめ調べて把握しておくことが必要です。

■経営、業務ノウハウの取得をする
事故のリスクやクレームの発生を抑え、安定した利益を得るためには、経営や業務に関わるノウハウの取得が必要です。
個人で習得するのはなかなか難しいが、軽貨物業での独立をサポートしてくれる業者と締結すれば、ノウハウ取得の研修も受けられます。

■契約する運送会社選び
軽貨物の独立をするうえで、最初は運送会社と契約を結び、個人事業主として軽貨物ドライバーを始める場合がほとんどといっても良いでしょう。
そこから従業員の雇用や営業が始まります。
最初に契約を交わす運送会社は慎重に選びましょう。
・未経験者でも積極的に採用をしている
・開業資金をサポートしくれる
・教育やサポート体制が行き届いている
上記の3つのポイントが判断基準です。
初めての独立開業であれば、サポートが充実している信頼できる運送会社を選びましょう。

■任意保険の加入
万が一トラブルによる損失を防止するため、任意保険に入ることが大切です。
保険会社は事業者向けの自動車保険などもあるので、加入しやすいでしょう。

軽貨物の独立開業を考えている方は、今回の気を付けるべきポイントを念頭において検討しましょう。